ポケモンブログ *。゚ ポケットモンスター セピアブラック&リリーホワイト ゚。*

ポケットモンスターセピアブラック&リリーホワイトという物語を連載!ポケモン画像、2chのポケモンスレ諸々、ポケモンカード等のポケモングッズ、今秋発売の新ポケモンシリーズブラック&ホワイト情報等々、ポケなトピをまとめています!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The 4th Chapter

【― イシマ突入編 ―】
 
21
幼少の頃の虐待から、男性恐怖症となったヒナは、男に対し、
過剰に神経を張るようになった。しかし、男に怒鳴れるなどすると、
我を失い、ポケモンも彼女に呼応し正気を失い周辺を氷原と化してしまう。
感情のない氷の少女になったヒナ。だがホワイトの無神経は度を超えていた。
 
22
男の暴虐さも何もない無神経の塊のようなホワイトの出現に、戸惑うヒナ。
ヒナを案じるサクラ達がヒナに逆らい暴走するが、事は静かに収束する。
突如ディアンにより、氷の柱から落ちるヒナを身を投げ出し助けるホワイト。
手を引っ込めたはずなのに、そんな事関係なしに手を伸ばす。
少女は泣いた。何の涙なのか分からなかった。嫌いな男の胸の中で。
 
23
心にある目的を留めながら、フジ研究所を訪れるユキナリ。
明かされるモンスターボールの開発の経緯の一部に、ユキナリの願い。
だが、ユキナリの心はもうすでに新たなる願いで一杯だった。
一方、カリタスの一員らしき二人の作戦の話を耳にするホワイトとブラックは?
 
24
 
『ピジョットを生き返らせる』その願いの下にフジ博士を訪れていたユキナリ。
だが、彼の口から聞かされたのは、原始終焉神でさえ不可能の壁に挫折する命の重さ。
しかし、まだ彼の研究で助かるかも知れないというフジの言葉に、一縷の望みを掛けるユキナリ。
一方、ピルルは、カプセルの中の謎のポケモンの導きで、研究所から飛ばされる。
ホワイト達はカリタス追跡作戦と銘打って、夜に来るというカリタスの一員を探ろうとするが?
 
 
25
 
 
26
 
 
27
 
 
28
 
 
29
 
 
30
 
 
 

≫ Read More

スポンサーサイト

| | 00:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 3rd Chapter

【― 進化 ―】
 
 
11
闘いから無事逃げ去りながらも黒鎧のポケモンに恐れ戦くイッテツ。
一方、健闘するも、サカキから逃げる術を失ってしまうブラック。
しかし、その時、西より昇る業火の太陽がブラックを守る。
 
12
意味深な言葉を残し、業火の渦に消える赤髪の男、イラ。
一方、血の坑道と呼ばれる場所で暗躍する謎の男達、プロイータと、
青年オプタシオ。着々と明らかになるカリタスに、カガリの目的とは一体?
 
13
ユキナリの元に現れるイラ、そしてユキナリの儚き願いとは?
ブラックを探す中、再び宿敵イッテツに相見えるホワイト。
好戦する最中、ホワイトに応えるようにコノミンは進化する―――!
 
14
進化したジュノプスと共に素人とは思えない闘いをし、才能の片鱗を見せ、
見事勝利するホワイトだが、イッテツを拘束するも逃げられるホワイト。
そして、ホワイトも又ブラックを探し、カイオウへと向かう―――!
 
15
全ジムリーダーを召集し、カイオウにて行われる代表議会。
人・ポケモンの謎の死亡・消失事件及びクロベ神殿等破壊事件を、
ある宗教団体によるものと断定、来るイシマの祭事に集まるという情報から、
3日後イシマへ派遣される事となったカイセイジムリーダー達だが………!?
 
16
カイオウに集うジムリーダー・スノベ達を震撼させるイワシロ襲撃事件。
一方、カリタスでもイシマ召集が為され、着々と作戦が進む。
アマギリ前にてやっとの再開を果たすホワイトとブラックは、
これからの闘いに備え、新たなる仲間を集め、イシマへ向かう事に。
来るべきイシマの決戦は、運命のように1点の終着点へと向かう。
 
17
イワシロ襲撃の重大事件に焦燥を隠せない中、ショウの一言から
平静を取り戻しカナはイワシロ援助、他ジムリーダーはイシマへ向かう事に。
一方、この事件に不審な点を見付け、カイオウに危機を感じるミノリ。
一方仲間集めにてフェアリーを仲間にするが、高い潜在能力を持つポケモン、
ディアンに強襲される二人。好戦しディアンを瀕死にするも、まだ立ち上がる
ディアンに苦悩の叫びを上げるホワイト。その時、ジムアクセサリが輝く。
 
18
カイオウにて、それぞれの戦地へと向かう準備を始めるジムリーダー達。
そして、真相解明に動き出すミノリ、その一手は?
一方、遂にアマギリに到着し、初めての海を楽しむホワイトとブラック。
ポケモンセンターで用意される食堂で、運良くイシマへ行く船を見付けるが、
船乗りに乗せる条件として出されたのは、アマギリジムリーダーに勝つ事。
そして、ジムへ向かった先にいたのは可愛らしい少女だった。
 
19
愛想の良く可愛らしい少女ヒナ。だが彼女に不審を見付けるホワイト。
対戦を申し込ようとした矢先、クラブに占拠されたという北の岬の灯台を、
解放する手伝いをする事になった二人。何とか大量発生したクラブを倒す
二人は、アマギリシティジムリーダーヒナに闘いを挑むが…?
 
20
アマギリ特有のバトルフィールドに連れられ、遂に始まる、
ホワイト対ヒナのジムリーダー戦。
一方ポケモンセンターの横で画策する、カリタスの一員、テリスとディル、
その目的は?同時刻、ユキナリはフジ研究所に、サカキはイシマ沖へと。
ホワイトは、ヒナとの攻防の中、ヒナのトラウマを蘇らせてしまう……!?
 

≫ Read More

| | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 2nd Chapter

【― 旅立ち ―】
 
 
1
イズミタウンの森で、いつものように町の人にポケモンを借りて遊ぶ二人。
身体の弱いホワイトの姉のユリが忽然と前に現れ、てんてこ舞いになるが、
無事ニョロモを助け、帰宅する3人。しかしブラックは森の異変に気付く。
 
2
森で謎のポケモン、モリカマリに強襲された所を助けられたブラックは、
ユキナリにフォルモと共にイシマのフジ博士に届け物をするよう頼まれる。
身寄りのないブラックは、フォルモを貰った喜びに意気揚々と旅立つが…?
 
3
ブラック出発の後、イッテツという謎の男に襲撃されるユリ達。
見事男を撃退するが、この件を危険と判断し、頼み事を断念するユキナリ。
が、頼りにされるブラックに嫉妬するホワイトは、コノミンを奪い後を追う。
その傍ら、人が変わった様に不可解な言葉を放つユリの正体とは一体…?
 
4
ブラックは無事イワシロに到着し、ポケモンセンターに宿泊する。
一方、後を追うホワイトはポケモン、豪雨に襲われ瀕死のコノミンを抱え、
イワシロ前の橋で氾濫した川に流されてしまう。しかし、そこを頑強な青年、
サカキ・ユウダイに助けられる。その仲間、イッテツ、ユカリとの関係は…?
 
5
ブラックは、謎の双子にイシマとジムについて話を聞く。
一方、ホワイトは、ユカリという赤髪の女性に介抱されていた。
その中、状況に痺れを切らしたユキナリは、イッテツに直接闘いを挑む。
キクコがピジョットを探す一方、ユリはピジョットと共にいるが―――?
 
6
イワシロジムを訪れ見事副リーダーを撃破し、ジムリーダーに
挑戦する権利を得てアオイという女の子の元に案内されるブラックだが?
一方、川原でピジョットの亡骸を発見するキクコは―――。
 
第7話
女の子にしか見えない男の子、アオイとブラックの激しい闘いが始まる。
一方、交戦中のイッテツとユキナリの元に現れるキクコは、亡骸の事を話す。
苦闘の末、見事勝利を収めるブラックは、アオイにジムアクセサリを渡される。
 
8
勝利者に与えられる、ポケモンを従える道具、ジムアクセサリとは?
それを腰に据えるサカキ、ユキナリ。ユキナリは、イッテツをピジョットの
敵と見るや、見た事もない謎のポケモン、リディアスを出し、殲滅する。
一方、謎の集団、カリタスが遂に動き始め、イワシロジムは―――!
 
9
蒼炎の黒きポケモン、モルティスを従え、イワシロを跡形もなく破壊する女。
ジムアクセサリ原石のあるジム下の階段を見付け降りようとする女に
食い付くユウキに、女が冷たくそれでいて悔しそうに意味深な言葉を放つ。
一方、カリタスを追うサカキ一行に連れて行かれるホワイトは、
ブラックの持つユキナリの届け物の真相を聞かされ―――?
 
10
ユカリに諭され、ブラックが自分にとってかけがえのない存在だと
気付いたホワイトは、危機に晒されるブラックを助けに行く。
一方サカキに届け物の正体、モンスターボールについて知らされるブラック。
ポケモンを従えるだけでなく所持する、人の業の深さとは―――?
 
 

≫ Read More

| | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 1st Chapter

【― 世界 ―】
 
 
0
カイセイ地方の田舎町イズミタウンに、毎日仲良く遊ぶ二人がいた。
幼馴染みの二人は、いつも遊び慣れた森や川原でポケモンと遊びながら、
他愛もない会話を交わし笑い合う。そんな日々が、ずっと続くと思っていた。
そう、今日も、明日も、昨日と変わらないいつもが続くと思ってた――
 
 
 
 
 

≫ Read More

| | 08:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。