ポケモンブログ *。゚ ポケットモンスター セピアブラック&リリーホワイト ゚。*

ポケットモンスターセピアブラック&リリーホワイトという物語を連載!ポケモン画像、2chのポケモンスレ諸々、ポケモンカード等のポケモングッズ、今秋発売の新ポケモンシリーズブラック&ホワイト情報等々、ポケなトピをまとめています!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The 24th story

The 24th story
― Caritas Chase Action ―
 
 
―――フジ研究所
 
ユキナリがモンスターボールをかざすと、
冷たい冷風と共に、紫色をした何かが現れる―――
 
フジ「…このポケモンは……ベトベトンか……」
 
ユキナリ「………はい」
 
フジ「ベトベトンが通った場所は数十年草木も生えなくなると聞くがこいつは異臭すらないな…」
 
ユキナリ「……ベトベトン」
 
ユキナリフジの言葉に反応することなくベトベトンに命令をする。
すると、ベトベトンは元いた場所からズルズルと動き移動する。
すると、元居た場所にベトベトンとは異なるポケモンが。
 
大きく伸びた艶やかな羽。
彼が、愛して止まなかった友。
幼き頃、初めて出来た永遠の家族。
 
フジ「このポケモンはユキナリ君のピジョット………しかもこれは………」
 
冷たい風がピジョットから流れてくる。
生気のない、哀しい風。
 
ユキナリ「………ベトベトンは。人が思っているほど危険でも。汚いポケモンでも、ない」
 
ユキナリは、そう言いながらそっとベトベトンに触れた。
ベトベトンは、ユキナリの手がくすぐったいのか、目を閉じる。
 
フジ「………?」
 
ユキナリ「ベトベトンは毒を出さない事だってできる。逆に、毒を吸収することも出来る」
 
キュッとユキナリは眉間にシワを寄せる。
 
ユキナリ「今ピジョットの腐敗を遅らせられてるのはベトベトンが協力してくれてるからです」
 
フジ「ベトベトンの体内に擬似的に冷蔵庫を作って…ベトベトンの力で腐敗を遅らせているのか……」
 
ユキナリ「ベトベトンは選択的に毒を出しているんだ。ベトベトン自身が悪い事は何も無い」
 
ユキナリ「悪いと言うならそれは人だ!ベトベトンが何故生まれたのか!何のために存在するのか!」
 
フジ「………」
 
ユキナリ「人の勝手な都合で!何かを悪と決め付け!迫害し!自分達を省みることもない!」
 
ユキナリ「無意味に争いをし!疎み疎まれ!虐げて!何が人だ!何がポケモンだ!」
 
フジ「ユ―――」
 
 
ユキナリ「そんな下らないことのためにピジョットは………!!」
 
 
 
 
 
 
 第24話

≫ Read More

スポンサーサイト

| 第3章 イシマ突入編 | 07:18 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 23rd story

The 23rd story
― Fuji Laboratory ―
 
 
―――イシマ島北の人工の孤島、フジ研究所
 
イシマ島の遥か地下、人知れず存在する研究所。
明かりもなくひっそりと暗い、無機質な作りが、延々と続く。
煩雑に並べられた机の上には、資料と思われるポケモンのデータが散らばる。
 
ぼんやりと漏れる光の元を辿って行くと、
壁伝いに幾つもの液体で満たされたカプセルが異様な光を放つ。
 
 
コポ
 
ヴ――――――ン
 
泡の割れる音と、得体の知れない機械音がただひたすたに響いている。
 
 
光が唯一漏れる奥には、一人の白衣の男。
周りの机には書物と書類が無造作に並べられる。
 
男の定位置であろう机の目の先には、伏せられた写真立てがある。
 
 
ジジジジジ………ジジジジジ………
 
机の左の方にある鐘が震える。
 
「………」
 
力なく鳴るチャイムに、男が視線だけをやる。
無精髭を蓄え、生気のない瞳、目の下にはクマと、常人とは掛け離れた顔。
だが、どこか目は異様な光を灯している。
 
 
「……客か…荷物の配達にしては日が早いな………」
 
 
 
 
 
 第23話

≫ Read More

| 第3章 イシマ突入編 | 01:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 22nd story

The 22nd story
― Ice melts and Cherry Blossoms bloom ―
 
 
―――2年前、ヒメノシティ
 
小鳥達がさえずる並木が綺麗に整えられた街道。
はらりはらりと桃色の雪が降り積もる。
 
季節は、まだ肌寒い時期だった。
 
 
そこに、暖かそうなコートで体を包まれる少女が一人。
少女は、桜並木の下、一人ベンチで初めて見る桜の木を眺めていた。
 
 
ヒナ「………」
 
ボ~………
 
 
意識の薄い瞳。
 
母に逢わせたい人を呼んで来るからと待つよう言われた。
 
 
少女は、ただ意識なく背景を望んでいた。
そして、ボソリと小さな声で呟いた。
 
 
ヒナ「……キレイ………」
 
 
フオオオオオオオ………
 
風が強く吹く。
風が、足音を消したのだろう。
 
 
男性「……桜と言ってね、春の訪れを教えてくれる花なんだ」
 
優しい声。
何故か、男の声だと分かったのに、身構えない自分がいる。
 
男性「冬のまだ終わらない時期から芽を出して、春に備えるんだ」
 
少女は、ゆっくりと背後を振り返る。
 
やっぱりだ。
とても、優しい顔。
ママに似てる。
 
男性「冬を一生懸命に耐えて、芽吹き花を咲かせるとても綺麗な花…」
 
男性は、微笑ましそうに桜の木々を見て言った。
そして、シワを寄せて笑顔を作り、少女の方を見た。
 
笑顔。
まだ少女は笑顔を返せない。
 
けれど少女はその眼差しから目を背けなかった。
 
 
陽の照りが眩しい、
桜雪の舞い散る午後。
 
 
 
 
 第22話

≫ Read More

| 第3章 イシマ突入編 | 23:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The 21st story

 
The 21st story
― Ice Girl ―
 
 
―――アマギリシティジム、バトルフィールド
 
白い霧。
肌に感じる冷ややかな風。
 
ブオオオオオオオオオオ………
 
 
ブラック「………冷たい……」
 
ブラックが、手を見て小さく呟く。
 
 
―――ピシピシ
 
カズ「―――壁に亀裂が走るみたいな音が……!これって………!!」
 
そう言うも遅く、壁が白く―――!
 
 
アミ「カあああズッッ!!!開けて!!!!」
 
 
カズが後ろの壁を覗きそう呟いたその時、
バトルフィールドに最も近い位置で審判をする、アミの叫び声が!!
 
 
カズ「………ッ!!?」
 
カズが足をもたつかせながら慌てふためき走り出し、出入口の階段の方へ!
 
 
 
―――パキン・
 
 
 
 
 
第21話 

≫ Read More

| 第3章 イシマ突入編 | 19:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。